シャンプーは泡立ちがいい方がいい?泡立たないシャンプーって?

シャンプーはよく泡立ててから使った方がよいといわれます。

よく泡立てたほうが頭皮に優しい

シャンプーの効果と泡立ち

事前にお湯ですすいでひととおり汚れを落としておくプレシャンプーを行った方が泡立ちがよくなりますし、いきなり頭皮にシャンプーを塗付するのではなくまず手のひらにとって泡立てから使った方が泡立ちやすく長持ちします。

 

こうしたシャンプーのポイントからも泡立ちが良い方が適していることが窺えます。

 

どうして泡立ちがよいほうがよいといわれるのか?理由は2つあり、どちらも頭皮への刺激と深く関係しています。

 

まずひとつめは洗顔料とも共通する部分ですが、よく泡立てたほうが頭皮を擦らずに洗うことができます。

 

泡が汚れを浮き上がらせ、毛穴の奥の汚れをかきだすことできれいにすることができるのです。

 

指でゴシゴシと擦ったり、まして爪を立てて洗ったりすると大きなダメージを頭皮に与えてしまいます。

 

この点からも泡立ちがよく、できるだけ長持ちするシャンプーの方がよいのです。

 

もうひとつの理由はシャンプーそのものに刺激があるのでできるだけ短い時間で洗いたい点です。

 

お湯で濡らしていない状態でいきなり頭皮にシャンプーを塗付してもなかなか泡立ちませんから、その分洗っている時間が長くなってしまいます。

 

低刺激なシャンプーでも洗浄力を備えている以上、肌に付着している時間が長くなればなるほど刺激が強くなってしまいます。

 

そのため手のひらにとったうえで簡単に泡立ち、また洗いながら泡立って長持ちするシャンプーの方がよいわけです。

クリームシャンプーはオイルの力で汚れを浮かせる

シャンプーの効果と泡立ち

このように泡立ちが良いシャンプーの方がよいのが一般的な常識なのですが、それを覆すような新しいタイプのシャンプーも登場しています。

 

クリームシャンプーと呼ばれるもので、泡立ちにくいどころか最初から泡立たないのが大きな特徴となっているのです。

 

泡立たないのにどうやって洗えばいいの?それこそ指でゴシゴシと擦らないと汚れを落とせないんじゃないの?と疑問に思う方も多いはず。

 

この泡立たないクリームシャンプーには特別な作用が備わっているのです。

 

オイルが含まれており、このオイルが乳化しながら汚れを頭皮や毛髪から浮き上がらせて落としていくことができます。

 

簡単に言えばクレンジングオイルと似たような仕組みで、泡の吸着力ではなくオイルが汚れを浮き上がらせる力で落としていくわけです。

 

このクリームシャンプーが注目を集めている理由には肌に優しい点が挙げられます。

 

天然由来のオイルを使っているので頭皮に負担がかからないだけでなく、保湿効果や毛髪にツヤをもたらす効果も期待できるのです。

 

慣れるまで使い方が難しい面もありますが、頭皮の刺激が気になる方、老化による頭皮のバリア機能の低下が気になる50代以上の方はチェックしておきたい新しいタイプの選択肢といえるのではないでしょうか。

コスメルジュ編集部が選んだ50代女性におすすめのシャンプー

POLA フォルム

50代女性シャンプーフォルム

ノンシリコンなのにきしまない!髪も頭皮もケアするPOLA1番人気シャンプー
250ml1,296円・税込/550ml2,592円・税込
さらに詳しく見る>>

TSUBAKI エクストラモイスト シャンプー
50代女性シャンプーTSUBAKI

根元から毛先までつるんとまとまり髪に!椿オイル配合の保湿ケアシャンプー
832円・税込
さらに詳しく見る>>

グローイングショットシャンプー

50代女性シャンプーグローイングショット

髪のボリュームが無くなってきたら使いたい!ハリとコシを取り戻すシャンプー
3,132円・税込
さらに詳しく見る>>